お部屋をくつろぎの空間に!ローソファの選び方

様々なタイプがあるローソファ

ローソファは座面が低いソファのことです。高さが低いので部屋を広く見せる効果がありますし、床との距離が近いため足を投げ出してゆったり座れます。

このように多くの魅力を持つローソファには背もたれが高いタイプ、座面が極端に低い座椅子のようなタイプ、ソファとベッドの2つの機能を備えたタイプなど様々な種類が存在するんです。

これだけ様々なタイプがあると選ぶのに迷うかもしれませんが、ローソファを選ぶ際のポイントがあるんですよ。

座面の高さで選ぶのが基本

ローソファを選ぶ際は、座面の高さを確認するのが基本ですね。

まず一口にローソファと言っても座面の高さは10~30cm程度までと、意外に幅広く存在します。最適な座面の高さは使用する環境によって変わってきます。例えば小さいお子さんやペット(子犬など)がいる家庭なら、転落のリスクを減らせる座面が低いローソファが良いですね。ただし座面が低すぎると立ち上がる時に腰や膝に負担がかかるので、家庭に足腰の悪い人がいる場合、低すぎるローソファは避けた方が良いですよ。

またテレビなどの他の家具と高さを合わせることも大切ですね。テレビやテーブルの高さと、ローソファの座面の高さが合わないと使い勝手が悪くなります。

部屋のどこに置くかで選ぶ

部屋のどこに置くかで、選ぶべきローソファも変わってきます。

例えば背もたれが高いハイバックローソファは、体を支えてくれるためゆったり座れるのが魅力です。しかし背もたれが高い分、安定感に欠けるため、後ろにひっくり返る恐れもあるんですよ。そのためハイバックローソファを使う場合は、壁際に置くのが望ましいんです。

ローソファを壁から離れた位置に置く場合、背もたれが低いタイプを選んだほうが良いでしょうね。

ソファ ダイニングは、座り心地のよいソファと低めのダイニングテーブルを合わせた新しいスタイルのダイニングセットです。場所をとらずに、オシャレなリビングの要素も取り入れられます。